対応時間:月~土(10:00~22:00)

088-883-0111

合格体験記

R-進学塾で見事合格を決めた先輩たちからのメッセージを紹介します。


N.Kくん合格大学:大阪市立大学・医学部医学科

体験授業に参加。
その時ここなら合格できると思いました。

僕がRに入ったのは高3の5月くらいだったので、お世話になったのは約10ヵ月くらいだったのですがRに入っていなかったら大阪市立大学医学部医学科に現役で合格することは絶対無理だったなと思うので、Rでの受験勉強を通して感じたことをお伝えしたいと思います。

僕がRに入ったきっかけは、それまで通っていた塾では第一志望合格は無理だなという危機感を春休みとコロナでの休校期間中に強く感じたことです。そこで環境を変える必要があると思いRの体験に行かせてもらいました。僕は正直Rに対してはいい印象は全くなかったです。Rでは早い段階から東大や京大の問題を授業で取り扱うので、僕が受験勉強を意識し始めたときにはすでに土佐のRの同級生の中には学校で「あの東大の問題さ~」とか「昨日の京大の問題が~」とかRの授業の内容を土佐の他の人に聞こえるようにアピールする人がいて、僕からするとそういうアピールは凄いストレスだったので体験に行く前は悪い印象しかなかったです。でも仲のいいRの先輩の人の話を聞くと授業の内容はすごく良いと言っていたので体験に行かせてもらいました。体験では塾長の数学の授業と生物の授業を体験させてもらったのですが、実際授業を受けてみてここだったら絶対に勝負できると確信したので入塾することにしました。具体的には数学だと奇抜な発想は全く使わず、問題を見て誰もが思いつかないといけない解法を確実にものにできるように教えてくれるところです。小手先の技術を身に付けるだけだとちょっとレベルが上がった問題で通用しなくなりますが、Rではどんなレベルの問題であっても通用する考え方を教えてくれるので、一つずつものにしていけばどんな大学でも合格できると思います。生物はそもそも教えている塾がほとんどないので学校だけでは不安要素もあり、授業を体験させてもらいましたが、生物の授業でも周辺知識を逐一確認してくれること、記述問題を細かく見てくれること、自分の進度に合わせて柔軟に指導してくれることなど不満に思ったりすることは1つもありませんでした。塾に入って理数は相当実力をつけられたと思っています。

僕は受験で勝つためにはやっぱり環境は大事だなと思っています。レベルの高い授業、勉強に打ち込める学習環境、高め合えるライバルは合否を大きく左右する要素だと思います。その点ではRは授業と学習環境は信頼できるし僕も自信を持って勧めることができます。もし僕の感想を読んでくれて旧帝大や難関大医学部を目指しているけれど現状に危機感を感じていたり、このままで大丈夫かなと思ったりしている人がいるなら同じ志を持つ友達を誘って一度体験に行ってみてほしいです。多分ここなら勝負できる!と僕と同じ印象を受けると思います。僕は高3の初めに感じた危機感を無視せずに真剣に考えてRに入ったことが合否を大きく分けたなと感じているので、僕と同じ感覚を持った人は上を目指していれば目指しているほど、現状維持でも第一志望に合格できそうか一度考えてみてほしいです。


S.Nくん合格大学:東京大学・理科Ⅰ類

二度目の東大。
理数を得点源に念願の合格を果たしました。

僕は現役生の時65点差という圧倒的な差で東大に落ちたものの、このRで一年間浪人することによって無事東大に受かることができました。高校生のときRのことは正直ほとんど知らなくて、それでもRに入る前の体験授業や面談を通じて一年間ここで頑張ろうと思いました。

Rは本当に理数がめちゃくちゃ強くてここでちゃんと学べばどんな大学であろうと理数を自分の得点源にすることができると思います。数学は前期授業では基礎をきちんと教えていただき、さらに毎週東大型の模試の過去問を解くこともしていたため夏の冠模試でもよい結果を残すことができ、さらに後期授業では東大や京大の数多くの問題を解くことになりました。こういった大学の問題は授業で教えてくれる解法以外にも自分がためした解法で解くということが大切だと僕は思います。でも自分が思いついた方法では最後まで解き切ることができない時も当然あります。そんなときRはいつでも質問を受けつけてくれて自分の解法で、こうしたら解き切れる、または、こういった点でこの方法はよくない等アドバイスをくれてさらに数学の力を伸ばせます。物理は微積を使って公式を一から自分の手で導くことを習います。高校の時は覚えていただけの公式を導くことができるのはすごく面白かったです。また難関大で頻出の単振動はRで習う手順を一から実行するだけで完全に解き切ることができます。当然、単振動以外の分野も習った通りにするだけで解けます。この一年間で一番力がついた科目は僕は物理でした。化学は暗記をするところとそうではなく理解をしていれば暗記する必要がないところを教えてくれました。さらに、問題文に実験の手順が書いてあるような問題は、直接計算に関係がないような実験の手順についてもどうして実験を行う上でこの手順が必要なのかを考えさせてくれることで入試でよくわからない実験の問題が出題されても自分で考える力がついてきます。

入試本番の得点開示がまだされていないので自分がどのように点を取ったのか分かりませんが、僕は年4回あった東大模試は英・国ができないけれどもそれを十分に理数でカバーすることができていました。また、英語は直前に何度も添削をしてもらい、この時期に英作文の力は非常に伸びたと思っています。そして本番も自信をもって英語のテストを受けることができました。国語は、僕は数理英で手いっぱいで添削はしてもらわなかったのですけれど他の生徒で東大の過去問を十年分以上してもらったという人もいて全然力になってくれると思います。

東大・京大を目指す人は大手予備校に行く人も多いと思いますが、Rは東大・京大の合格に非常に強い予備校だと僕は思います。多くの人がRで学び第一志望校に合格できるようにと思います。


M.Hくん合格大学:京都大学・工学部

「Rが提示するやり方で問題を解く」
これで面白いほど問題が解けるようになりました。

僕はRに二浪目でたどり着きました。一浪目に通っていた県内の大手予備校では、演習して解説を聞くという授業形式で、解法は参考書などを利用して頑張って習得してねーという感じの放任主義のように思われました。決してこのやり方を否定するつもりはありません。もちろん、このやり方が自分にぴったりだという人は一定数いて、実際合格しています。ただ、僕はこのやり方に合っていなかったので不合格となり、二浪目が決まりました。

Rの授業を初めて受けた時、「ここで浪人すれば京大受かるかも!」と確信を持ちました。その根拠は、東大の過去問をひたすら解くところにあります。マラソン選手がよく取り入れている「高地トレーニング」というものがあります。このトレーニングの狙いは、通常よりも過酷な環境である高地に身を置き順応することで、パフォーマンスを向上させようとするものです。これを勉強にも応用したのが、東大の過去問を解くことだと個人的に思います。自分が受ける大学よりも難しい大学の問題に取り組むことで、思考のスタミナをつけることができます。そのおかげで制限時間内に解ける問題が増え、得点力をぐっと上げられます。骨の折れる作業ですが、時間の許すかぎり東大の問題と対峙してみてください。旧帝大や医者を目指す人向けです。

さらに、このトレーニングでメンタルを鍛えることも可能です。人間だれしも、ムズいと思ってしまうとたちまち問題が解けなくなってしまうものだと思います。実際僕も一浪目で京大を受けた時、ムズいと思って解けなくなり、得点開示を見るとなんとびっくり、数学が200点中13点という素晴らしい(笑)点数をたたき出してしまいました。なのでメンタルは受験においてホントに重要です。東大の後に自分が受ける大学の問題に取り組むと、すごく簡単に見え、スラスラ解けます。精神的な余裕をもって本番に臨めるようになっていれば、東大演習の成果が出たといえるでしょう。

また、「Rが提示するやり方で問題を解く」ことを意識していただくと面白いほど問題が解けるようになります。これを見たらこう解く、という感じで機械的に処理できる解法をRはたくさん持っています。体験授業でその一部を実感できると思います。是非そちらも受けてみてください。ちなみに僕は体験授業の初日にあまりにも授業の内容がすごすぎたので、椅子に座ったまま貧血を起こしてしまい、その後の体験授業をすべて欠席してしまいました。(笑)こんな風にならないように、睡眠や休息をしっかりとることをオススメします。

Rは数理を武器にして受験したい人にはもってこいの場所です。強い仲間たちと共に切磋琢磨して勝ち取った合格は格別ですよ。保護者への感謝を忘れずに戦い抜いて、一年後、第一志望の大学に合格することを願っています。

最後にRには一年間本当にお世話になりました。ありがとうございました!

追伸:第一志望を下げずにやり切って合格した時の嬉しさは人生で1番嬉しかったし、受験勉強頑張ってよかったとこれから先も思い続けられると思います。受験は長い戦いですが、自分に正直に現状を受け止めて一歩ずつ頑張ってください!皆さんの第一志望合格を祈っています。


G.Aさん合格大学:京都大学・工学部

受験勉強を通して特に大事だと感じた2つのこと。

私は中学一年生の時プレミアムコースに入り、6年間Rに通いました。受験勉強を通して、私が特に大事だと感じたことを2つ書いていこうと思います。

1つ目は、当たり前かもしれませんが授業をちゃんと聞くことが1番大切だと思います。Rの数学や理科の授業は本当に分かりやすく、丸暗記でなくその理由も教えてくれます。授業中先生に当てられることを理解した上で覚えて答えられるようにし、身につけることができれば、東大や京大の問題も同じようなことの組み合わせで解くことができると感じました。

2つ目は、分からないことや疑問に思ったことを放置しないことです。これをすると、高3になった時の勉強量が格段に減らせると思います。Rは質問がしやすいので、疑問に思ったことを職員室の先生や浪人生にいつでも質問することが出来ます。私自身、実戦模試の直しやテスト勉強等で本当に先生方にお世話になりました。

Rの良さは授業の質の良さだけでなく、勉強する時の環境の良さもあると思います。私は実戦模試でA判定を取ったことなど1度もなく、共通テスト後に受けた直前模試も、全く志望校には届いていませんでした。1ヶ月間で点数が上がったのは、塾の先生に沢山問題演習の場を設けて貰って、同じ大学を目指す先輩と一緒に問題演習をさせて貰い、一緒に勉強をする仲間がいたからだと思います。私は1人で参考書を買って計画的に勉強できる性格ではないので、授業が多く、補講をしてくれるRに入ったのは正しい判断だったと思います。

勉強の仕方が分からない人、一人では勉強があまり出来ない人は私だけではないと思います。そのような悩みを抱えている人は是非一度Rに来て欲しいです。受験生の皆さんの志望校合格を祈っています。頑張ってください!


O.Dくん合格大学:自治医科大学、高知大学・医学科

志望校合格のためにして欲しい2つのこと。

みなさんが塾や予備校に行く理由はさまざまだと思います。例えば、自分から望んでいく人もいれば、友達に誘われて行く人、親に言われて行く人もいるかもしれません。

しかし、理由はどうであれ、みなさんは受験生であって最終的なゴールは受験で合格することには変わりないと思います。そしてそのためにわざわざお金を払って塾に来ているわけなので、塾に行くからにはその強みを存分に生かさないともったいないです。僕は浪人が決まって初めてこの塾に来ました。そしてこの一年を通して自分が感じた受験勉強において絶対にやってほしい2つのことについて書こうと思います。

まず1つ目にやってほしいこと、それは気軽に質問のできる友達をつくることです。みなさんが受験勉強をする上でわからないことや疑問に思うことがないなんてことは100%あり得ません。そしてその時に身近に質問できる友人がいることはとても便利です。さらに、そういった友人に質問をされた時今度は自分が教える側になることもあるでしょう。そしてこの「教え合い」がみなさんの実力を遥かに向上させます。また、R進学塾では浪人生と現役生が同じ授業を受けます。ですから現役生はどんどん先輩を頼り、浪人生はたくさんの現役生にアドバイスをしてください。驚くほど学問への理解が深まると思います。

そして2つ目にやってほしいこと、それは難問に挑み続けることです。ここで注意してほしいのは大事なことは難問が解けることではなくあくまで挑み続けることなのです。R進学塾にはいわゆる超難関大学の問題が大量にあります。これはこの塾の最大の魅力の1つだと思います。ですので遠慮せずどんどんやり続けてください笑。なぜ難問にこだわるのかというと効率がいいからです。難問を解くと短期間に大量の知識を復習できます。そして何より受験において視野がとても広くなります。ただこの視野の広さは難問に挑み続けなければ身につきません。だからやり続けるしかないのです。そして挑み続けたという事実そのものも受験においてみなさんの大きな自信となります。

以上2つをこなしてく上でR進学塾は最適の環境です。ぜひともR進学塾に来て実践してみてください。ありがとうございました。


I.Yくん合格大学:同志社大学・法学部

問題の根幹を捉えた解説と
授業・環境・仲間が揃った最高の環境でした。

私はR進学塾のおかげで第一志望であった同志社大学に合格できました。それは、学校とは一味違う授業と丁寧な個別指導のおかげでした。

高3から入塾しましたが、そんな私でも分かるような解説で、入試に役立つ力をつけることができました。授業では難しい過去問も扱いますが、問題の根幹を捉えた解説でどんな問題でも通用する力も養えます。

個別指導では、授業中に聞くのが恥ずかしいくらいの初歩からしっかりと教えてくださいます。受験校の決定やスケジュールの組み方など、勉強以外のことも相談に乗ってくださいました。

周りには、自分よりも高みを目指す仲間がおり、常に刺激を受けながら自分を高めることができます。

授業・環境・仲間が揃ったR進学塾を一度体験してみてはいかがでしょうか。


S.Sさん合格大学:高知大学・医学部医学科

先生との距離感、質問のしやすさ。
その環境に心から感謝しています。

はじめに、合格体験記を書く機会を頂けたことを光栄に思います。私は、総合型選抜Ⅰ(旧AO)で高知大学医学部医学科に合格しました。Rの先生方にはたくさん協力していただき、とても感謝しています。

私は、R進学塾に中1の時にプレミアムコースの生徒として入塾しました。Rの良かったところは大きく2つあります。

ひとつは、先生との距離感、質問のしやすい環境です。先生方は、いつも親身になって話を聞いてくれました。部活との両立で苦しんだ時や思うように学力が伸びなかった時、職員室で泣いたのも今となってはいい思い出です(笑)問題の質問だけでなく、精神的なところにも寄り添ってくれたおかげで受験を乗り越えられたのだと思います。

ひとつは、授業の質です。私は、Rの解き方は汎用性のある解き方で、わかりやすいと感じました。参考書を否定する訳ではないのですが、多くの参考書は、とても簡潔にかっこいい解法を載せています。一見するとわかりやすく、良いように思いがちですが少し捻られると同じように解けなかったりします(現に私がそうでした)。でも、Rは違います。解く「過程」を大事にしていて、結局どの問題も同じように考えれば良いんだ!ということに気づかせてくれました。

私は、Rを選んだことをとても良かったと思っています。小さい頃からの夢だった医学の道に進めること、素晴らしい先生方や受験を共に乗り越えた良き友に出会えたことは一生の宝です。 本当にありがとうございました。皆さんの志望校合格を願っています。


O.Jさん合格大学:徳島大学・薬学部

危機感を感じ体験授業に参加。
それが合格への大きな一歩になりました。

私は正直、勉強が出来ない部類の人間だと思います。そんな私が往復2時間の通学路というハンデを背負いながら現役で合格出来たのはRのおかげだと思います。

私がRに入塾しようと思ったきっかけは、私が学校の物理のテストで14点を取り進級が危なくなった時、友達が体験授業に呼んでくれたことです。体験授業を受けた次の学校のテストで物理は96点。私は感動して入塾を決めました。

入塾して理科の授業だけでなく、数学の授業にも衝撃を受けました。Rでは問題を捉え理解する力、解答への道筋を立てる力を“誰でも”身につけることができます。それがRの強みの1つ「誰でもできるようになる授業」です。凡人が勉強できるようになるには本当に“良い”授業を受け、“良い”教えを学ばなければならないと私は思います。

もう1つの強みは、「質問しやすい環境」だと思います。分からないところを質問に行けば時間の許す限り、きちんと理解し、納得するまでとことん付き合ってくれる。私も何度も補講してもらいました。

あと、助かったのは料金です。高知にある全科目がカバーできる塾は本当に少ないです。私は父子家庭で専門塾をいくつも掛け持ちすることも出来ないし、大手の塾にも行けませんでした。Rは全科目カバーでき、授業の質も良く、立地もいいし、自習室や設備も充実し勉強環境がとてもいいのに良心価格で本当に助かりました。

受験は死ぬほどきついです。けれどもそんな受験を乗り越えられたのは友達と励ましあい、支え合いながら勉強できたおかげです。先生方も相談に乗ってくれて本当に励みになりました。Rで受験勉強できて本当に良かったと思いました。

長くなりましたが受験生の皆さんが合格することを心より願っています。 頑張ってください。


N.Aくん合格大学:東京理科大学・工学部

問題文に寄りかかるのではなく、
自分のフィールドに持ちこんで解くのでどんな問題でも解ける。

僕は中学校に入学した時から6年間R進学塾でお世話になりました。もともとこれといった志望校もなく、さらには文系志望でしたが、この塾で数学と理科の授業を受けていくうち、物理学に興味を持ち、工学部を目指すことになりました。 数学に関しては、小さいころから計算が苦手で、強い苦手意識がありました。数学の苦手な方はわかるかと思いますが、アクロバティックな解法を紹介されても、それを実際に自分のものにするのはものすごく大変なことだと思います。

しかし、Rの授業では、突飛な解法をつらつらとただ紹介するのではなく、問題文の読み方、こんな式、あんな式が出てきたら何を考えたらよいのか、一見複雑に見える問題でも、一つ一つの思考の流れを、丁寧に教えてくれるので、(あ、これならできるかも)という気持ちで勉強することができました。 理科は、数学と並びR進学塾で習ってほんとうによかった科目のひとつです。

小学校のときの理科は、ただ覚えるだけで点数が取れるのでさほど苦手意識はありませんでしたが、中学校に入って一気に点数が下がりました。Rで理科を習い始めたのは中3からでしたが、今まで学校で習っていたこととはまったく違って感じられました。問題文に寄りかかって解いていくのではなく、自分のフィールドに持ち込んで解いていくので、試験本番の緊張感の中でも自信が持て、いい結果につながったと実感しています。 繰り返すようですが、数学と理科はほんとうに世界が変わります。数理に苦手意識のある人は、百聞は一見に如かず、一度体験に行かれることを強くお勧めします。


宮地 泰正合格大学:東京大学・理科二類、早稲田大学・法、商、政経―経済、先進理工

気持ちで負けないことと、気持ちに余裕を持つこと。
この二つができれば合格はぐっと近づくと思います。

今回合格体験記を書かせていただくに当たって、お伝えしたいことがいくつかあるので、順番に書いていこうと思います。

まず一つ目は、「全員東大を目指せ」ということです。どういうことかと言いますと、年度によってばらつきはあるかもしれませんが、東京大学の入試問題は、日本の中で最も難しいと言っていいと思います。基礎力が本当に問われるのですね。あくまで自分の見解ですが、東大の問題が解けるのであれば他の大学の問題も大半は解くことができると思います。だとすると、仮に東大以外の大学を志望していたとしても、そこの大学の入試問題だけを解いたり、対策したりすることは非常にもったいないのです。断定はできませんが、多くの受験生がセンター試験(今年度からは共通テスト)で失敗してしまったり、判定がよくないなどの理由で最終的に志望を落としてしまいます。その時に、もともとレベルが上の大学を志望していた受験生にその大学を初めから志望していた受験生は勝てるでしょうか。勝てるわけがないのです。

では、どうすれば勝てるのか。それは簡単です。もっと上のレベルまで対応できるようにしておけばいいのです。だからこそ東大を目指せと言っているわけです。東大は基礎力を磨くことのできる問題をたくさん出してきます。必ずそれらは他の大学を受けることになっても生きます。勘違いして欲しくないのは、最終的にどの大学を受けるかは関係ないということです。あくまでも目標設定を東大にしてもらいたいのです。先にも述べましたが、センターで失敗してしまったりして志望校を落とさざるを得ない時があるかもしれません。そうなった時に初めて受験する大学を変えるという選択肢が出てくるのだと思います。騙されたと思ってぜひやってみてください。これが一つ目の話です。

そして、二つ目に言いたいのは「受験は90パーセントメンタル」ということです。このメンタルをおろそかにしている人が多すぎると思います。どれだけ勉強したとしても、入試本番の会場で力を発揮できなければ落ちてしまいます。つまり、いかに本番で力を出せるかが受験では大切なのですね。おそらく多くの受験生が、緊張感を持って勉強することをしていないのではないでしょうか。自分はこのメンタルに関しては、強くはないですがかなり意識して勉強していました。一人だと緊張感が持てないので、同級の賢い友達とかと同じ部屋に集まって絶対負けないと闘争心を持ちながら同じ理科の入試問題を2時間半通しで演習したりよくしていました。勝ったことはないのですが笑。緊張感を持つことでメンタルを鍛えることももちろん大切なのですが、それ以上に本番でいかに余裕を持てるかも大事です。そのためにも先ほど話した上のレベルの問題に触れておくことが大切なのです。気持ちで負けないことと、気持ちに余裕を持つこと。この二つができれば合格はぐっと近づくと思います。

ここまでお付き合いありがとうございました。受験生の皆さんが合格を勝ち取ることができることを心より願っています。頑張ってください。


田邊 直己合格大学:東京理科大学・理工学部 経営工学科

Rに6年間通って一番良かったと思えたこと、
それは質問のしやすさです。

中学1年のとき、小学生の時に通っていた塾の先生に勧められ、プレミアムコースに入りました。その時は中学合格がゴールであり、大学受験の事なんて何も考えていなかったけれど、やらなければ怒られるという思いだけで勉強していました。しかし、大学に合格した今になってみれば、中学の時にRでやらされたことが合格において不可欠だったのだと感じます。

高校に上がり、受験勉強を自ら行うようになると、わからないことが増え、自分や友達では解決できないこともありました。そのような時、浪人生の力を借りました。浪人生に質問をすると、嫌な顔一つせずにとても丁寧に、わかるまで教えてくれました。時には浪人生でもわからないことがあるので、そういう時は講師陣を頼りました。講師陣も丁寧に分かるまで教えてくれました。

Rに6年間通って一番良かったと思えたこと、それは質問のしやすさです。Rには常に浪人生か講師がいるので、わからないことがあればすぐに質問ができます。全体的に質問しやすいムードがあるので質問しにくいということはありませんでした。

中学の時の塾選びは間違っていなかったと思います。
皆さんの志望校合格を祈っています!


深田 鷹翔 合格大学:大阪市立大学・工学部 化学バイオ工学科

このやり方でやればどんな問題も解けそう!!
僕が入塾を決めたのはその時でした。

僕がR進学塾に入ったのは高2の終わり頃と遅く、それまでバスケをしていて勉強そっちのけでしたが友達が「一回体験きてみて!」と言ってくれたのでまあ行ってみるかという感じでした。そして緊張していた1回目の授業、中本さんに物理を教わりました。そこで一つ感じた事があります。"学校のやり方と全然違う!そしてこのやり方でやればどんな問題も解けそう!!"僕が入塾を決めたのはその時でした。(学校のやり方を否定しているわけではないです)

以後先生達に教わることは僕にとって未知の領域すぎて、そしてやり方さえ理解すればどんな問題もシステム式に解ける事が楽しすぎて、この塾に入ったのは正解だったなと感じていました。学年でも定期テスト200番台、決してできる方ではない僕が言っているので間違いはないです。

友達との関係も深くなり、夏休み勉強合間に一緒にご飯を食べたり、分からない所を聞きあったり、センター試験や二次試験の前何故かみんなで盛り上がって激励し合っていたのもいい思い出です。

学校の勉強がわからない方、自分をもっと伸ばしたい方、Rってなんか楽しそうと思っている方(僕は最初はこれでした。笑)様々な方がおられると思いますが、すべての人にフィットするのではないかと心から感じています。また自習室で友達の勉強量が凄すぎて、僕までやる気を起こされましたが、塾に行くことでこういう効果が得られるのも一つの利点ですね。今からRで学べば、難関大の問題が「あれ、この問題もう解けてるやん」状態になる日も近いはずですよ!皆さんの合格を祈っています!


匿名 合格大学:横浜市立大学・医学部看護学科

分からない箇所は分かるまでとことん教えてくれ、
基礎から立て直して勉強できます。

私は高校1年生からR進学塾にお世話になりました。小学生の頃から数学が苦手で、その苦手意識は中学生になっても変わりませんでした。定期テストでは良い点を取れても、実力テストでは全くと言っていい程出来が悪かったです。

そこで、R進学塾の体験授業に参加し、数学を強化したいと思い入塾しました。今でも初めて受けた塾長の授業の分かりやすさと面白さに圧倒されたことを覚えています。

R進学塾では、なぜこうなるのか、どうしてこの公式になるのかを1から丁寧に説明してくれるので、何でも丸覚えのまま終わりがちだった私は勉強スタイルを根本から見直すことができました。分からない箇所は分かるまでとことん教えてくれるし、先程も述べましたが基礎から立て直して勉強できるので苦手意識の高い教科の問題も次第に解けるようになります。私は二次試験が小論文と面接だったので、主にセンター試験までお世話になりましたが、直前期は試験で使える小技や知識を沢山詰め込み、時間を有効に使えるよう教えて頂きました。本番は緊張してしまい思うような点数が取れませんでしたが、苦手だった数学が1番点数が高かったです。

R進学塾で友達と切磋琢磨した時間は受験生活の濃い思い出です。皆さんの志望校合格を祈っています。


片岡 龍太郎 合格大学:大阪市立大学・商学部、同志社大学・法学部法律学科、神学部神学科、社会学部社会福祉学科

先生の解説を聞くと、難しい問題も
基礎的な知識の組み合わせだという事を知ることができました。

僕は中学生からずっと勉強をしてこなかったこともあり、学校の定期テストや模試などの成績は常に悪く、特に数学は全く出来ませんでした。そのまま気付けば高2の秋になってしまい、すごく焦り始めたのを覚えています。

そんな時に友人からR-進学塾の存在を聞き、そこで教えてもらう数学はとても良いとの評判だったので、藁にもすがる思いでR-進学塾への入塾を決めました。アットホームな雰囲気や先生方の丁寧な指導、広い自習室などの充実した設備は勉強に打ち込むのに最適の環境です。渡される問題は難しい問題も多く見当もつかないこともありましたが、先生の解説を聞くと、難しい問題も基礎的な知識の組み合わせだという事を知ることができました。

そうこうしている内に気付けば定期テストや模試の順位は上がっていたのです。そして受験本番を迎え、二次試験では、数学で1番高い点数をとりました。数学嫌いの文系でもR-進学塾に通えば、数学を武器にすることができるので、理系の人はもちろん文系の人にもおすすめです。

皆さんの合格を祈っています!


北村 亮太 合格大学:広島大学・歯学部

Rで言われた通りに勉強することで
物理・化学を圧倒的に伸ばすことができました。

自分は、現役時代全然勉強しませんでした。自分では勉強してるつもりでしたが、浪人をしてみると、全然足りなかったのだと思い知りました。朝8時半から夜10時まで授業があり、とても大変でした。しかし、そんなつらい時でも仲間で支え合ったり、教師と生徒とのコミニケーションの多さから質問が気軽に質問できることなどを活かすことにより、浪人生活を乗り切る事ができました。

 この浪人生活で1番伸びたと感じるのは理科です。 自分は物理と化学を選択していました。物理は言われた作業をする大切さを学びました。作業というのは問題を見たときにまずするようにRで言われていることです。そして、難関大の問題も作業をすることにより問題がいつの間にか終わっている事がありました。化学はただの丸暗記ではダメで何故そうなるのか理解して解くことの大切さを学びました。理科はきちんとしたやり方でやればやるだけ成果のでる教科なので理系教科を武器にしたいと思う方は是非R進学塾に!